購入アイテム「ポストカード」について #UMWLT1-3 | UMWLT

2021/05/24 10:00

こんにちは、hitchです!

いつもSNSへのコメントなどありがとうございます。

あまり返せてませんが嬉しいです!




この投稿ではご購入いただいたアイテムの進捗、その中でも「制作する壁画の完成写真ポストカードを印刷する権利」についてお知らせをいたします。

(こちら、「予定していた壁画の制作スケジュールが崩れたため、予定通りのご提供が難しいかも」と前回のブログで書いておりました。)




結論として、こちらは2度ご提供させていただく事とします。

まず1度目はスケジュール通り6/10に「*壁画用の原画」データを、

そして2度目は本来の「実際に描いた壁画写真」データを壁画完成後に、それぞれご提供いたします。


(どちらも現状のサンプルです!)




手法としては、ご購入時にご登録いただいたメールアドレス宛に、全国のセブンイレブンで印刷できるIDをお送りさせていただきますので、発効有効期限内に印刷をお願いいたします。




*

「壁画用の原画」とは「壁画を描く前に作る、ミニサイズのキャンバス作品」のことです。

いつも壁画を描く前にはラフスケッチ(以前インスタライブ等で見せたもの)は作るものの、壁画のミニサイズ版のキャンバス作品を作る事はありませんでした。




しかし今回は壁画完成までポストカードをご提供できないことが申し訳なく、「原画」と「壁画」の両方をポストカード化することでどちらも楽しんでいただければ、という趣向で2枚ご提供させていただくことにしました。

印刷代は2度かかってしまいますが、どうかご容赦ください。(ちなみに印刷代は僕の手元には入りません)




壁画用の原画を事前に描く事は、実際に壁画を描く際のデモンストレーションになるのはもちろん、「壁画=みんなのもの」「キャンバス=個人所有のもの」という違いがある上で、キャンバスを購入すれば「壁画を個人所有できる」ような喜びがあるんじゃないかなって思います。海外のアーティストでも、同じ手法をとってるアーティストがいて、「街で見かけるあの壁画のキャンバス作品もあるんだ!じゃあ欲しい!」って狙いもあるんだと思います。




僕がやってるグループWHOLE9ではやったことありますね。これはアメリカの各地で実際に描いた壁画を、のちにキャンバス作品として描き直しました。




さてさて。

最近は暖かく外で描くのにバッチリな気候かと思ってたら、観測史上最速の梅雨入りでしたね~。とはいえ関西は今日は久しぶりの晴れで、洗濯一気に済ませられて気持ちよかったです。

不安定な日々の中で人とも会わないので、気候の変動に一喜一憂しており、隠居後の余生もこんな感じだろなー思いながら暮らしております。


次回の投稿は、おそらく商品発送についてになるかと。みなさまお元気で!